スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久米田康治最新作「かくしごと」がとっても面白い件

こんばんは。時には映画以外のお話を。


久米田康治先生という漫画家はご存知ですか?僕がこの漫画家さんを知ったのは確か高校生のとき、マガジンを友人の家とかで読んでいた時です。そのとき連載されていたのが「さよなら絶望先生」という漫画でした。


絶望先生は時事ネタやダジャレを中心としたギャグマンガなのですが、なにより僕が久米田先生を敬愛してやまないのは「目のつけどころ」が本当にすごいというか、時事ネタやあるあるネタなんかをいい意味で斜め上の昇華をしていくんですよね。


例えば僕が絶望先生で好きなネタの一つとして「原作通り」というエピソード?というか回があるのですが、映画監督やアニメーターが不思議な街の「原作通り」という通りに逃げ込むというお話。もうこの設定だけでなんだかニヤニヤしちゃうわけですが。

他にも「対象外」なものや人の切なさなんかが集まる「対象街」という回も秀逸。一番古いものではもう10年前ですから「黄金の中盤」や「あなたとは違いますから」なんていうスポーツから政治ネタまで、今読むと「懐かしいなー」とまた当時とは違った感触で笑えるのです。


決して爆笑!という類のギャグマンガではなくて(中にはストレートに爆笑するネタも散見していますが)、どちらかというと良く練られたギャグとネタの組み合わせ、応酬にうなることができて笑いと知的感動?のダブルで得した気分というか幸福感を味わえるような、そんな素敵な作品が「さよなら絶望先生」なんです。


そして久米田先生って本当にあったまいいなあー!と思わず感動したのがラストなわけです。これは当時も衝撃的な結末として話題となりましたが、シュールギャグマンガから一転して…とこれ以上書くともしかしたら興味をもって読んでくださる方の感動を奪い取ってしまうのでここまで。


一応ハーレム物でもあり、絶望先生のクラスの女の子たちはみんな可愛いです。ただ、いわゆるハーレムアニメ、ラブコメアニメのような萌えキャラやラブラブなキャラでなく、どこかみんな尖った個性や特徴があり、その子たちと先生、その他登場人物の掛け合いがこれまた本当に面白い。誰一人として無駄なキャラはいないというか。そして先ほどからクライマックスが~といってますが、ハーレム物としては一線を画すような着地点。

あうあわないはもちろん、というより結構顕著に?わかれるかもですが、いま(2016年10月17日)はkindleで第1巻無料だし!とにかく読んでみて!と言いたいです!



って前置きが長くなりましたが、そんな久米田先生の最新作が本日!10月17日に第2巻が発売されました。その漫画は「かくしごと」です。


今作は主人公は下ネタギャグ漫画家で、娘にはそれをばれたくないという思いから本業をかたくなに隠し続ける。まさに「かくしごと」は「描く仕事」なわけです。


今作はまさに久米田先生の集大成ともいえる作品ではないかと僕は勝手に思っており、漫画家としての日常や出版社こみの漫画家や業界あるあるを随時ネタに盛り込んでくれたり、コラムで紹介してくれたりなんかしています。


娘に下ネタ漫画家であることをばれないようにわざわざ主人公はサラリーマン風スーツで通勤・帰宅したりするんですが、なぜかちょくちょくばれそうになったりならなかったりといった妙なスリル?があったり、売れる・売れないについてとか、親子の関係性とか、娘ちゃんがもうめっちゃかわいいとか色々あるんですが・・・


やっぱり目の付け所が独特!やっぱり久米田康治は天才だ!


と叫びたくなるようなうなる時事ネタやドタバタネタは今作でも健在。過去作によっては多めだった下ネタも控えめなのかな?という印象。

特に第1巻で好きなのは「借金はどこの筋肉?」と娘ちゃんにきかれて「うーん、○○かな」と答えるシーンなんかはもう本当にくすっと笑えるとともになんて豊かな発想というかボキャブラリーなんだろうと感動さえ覚えました。絶望先生の時もそうでしたが不謹慎なネタ交えつつもやっぱり、日常の何気ない単語やニュースから生まれる多彩なダジャレや語呂合わせなんかももう最高!


コミックス版は1巻・2巻ともに巻頭巻末はフルカラー。おまけに!絶望先生が好きだった人にはうれしいサプライズも随所にあって感動も増すことでしょう・・・


とにもかくにも、久米田康治先生、「かくしごと」ぜひおすすめな漫画です。




スポンサーサイト

帰ってきた『ジェイソン・ボーン』 感想!

どうもです。

前回記事で『君の名は。』について、すごい考察でもするかのような大風呂敷を広げておきながら先に『ジェイソン・ボーン』の感想しれっとアップします(笑)。

まずですね、僕はマット・デイモン主演のボーン三部作はどれも好きで、ちょうど中学生~高校生くらいにかけてリアルタイムで観てきたこともあって、9年ぶりの新章となる今作も大いに楽しみにしておりました。

ちょうどAmazonプライム動画で前三部作が見放題ラインナップに入ってましたので見直したりしました。


しかも『ボーン・レガシー』と違ってまたポール・グリーングラス監督に戻るということで、ある程度安心してみられるかなあとという安堵めいた期待もあったので、結構ワクワクして封切日を迎えました。

と、いうわけで今回は僕の感想結論→好きなとこ、残念だったところ→次回作はこんな感じ希望的な感じでいきます。ストーリーの根幹にかかわるネタバレはありません。


1、『ジェイソン・ボーン』の感想

まずですね、点数で言うと65点くらいです。普通に1本の映画としては合格ラインというか、十分に面白かったです。なんか感じ悪い書き方ですが(笑)、やっぱーーり前三部作と比べると、うんまあ・・・みたいな出来上がりかなと。

端的に言うと、今回は前三部作のセルフリメイクなノリなわけなんですが、前三部作の良かったところは希釈されてしまい、もういいんじゃ的な食傷気味部分はむしろ濃くなっちゃった感がしてしまうんですね。

もちろん、さすがはポール・グリーングラス監督はじめ今作スタッフはボーンのいいところ、見せ所は理解されているので、JBが帰ってきたなあ!っていう感慨深さ、ニヤニヤ感は十分に味わえるんですけど、残念ながらアクション映画の歴史を変えたとまで言われる、特にアルティメイタムに比べると傑作とは言えないのかな?という印象。

では次から好きなところと残念だったところを羅列してみます。核心に触れるネタバレはありません。
※とはいえキャラの性格やぼかしつつもストーリーに若干触れるので、何も入れたくない人は見ない方が良いです!






2.ジェイソン・ボーンの好きなところ残念なところ

まず。好きな点から。

やっぱりマット・デイモンはかっこいいんすよ!まあある意味マット・デイモンのJBが見られた時点で満足度は高いっちゃ高いんですけどね。

もう昔のパスポート画像とか出ると「いやーJBもすっかり老けたな」と思うんだけど、相変わらずの格闘術、もったいない精神でそこらへんに落ちているガラクタで窮地を乗り越える感じとか、尾行をうまく巻いたり逆にあの手この手で返り討ちにしちゃう感じとかは本当に好きです。

あとマット・デイモンは表情の演技がすごく上手な俳優さんだなって改めて思いました。今作でも冒頭の一連のシーンで「ああまだ苦しいんだな」とか言葉としてなくても伝わってきますしね。つくづくジェイソン・ボーンは彼のはまり役であり、ちょっと007みたいに交代って今後なったらいやだなあと思う次第です。

※ちなみにマット・デイモン自身は今後ジェイソン・ボーンを若手に譲ることにも含みを持たせているようです。
マット・デイモン、ジェイソン・ボーン役を卒業することに抵抗なし(映画.com)


それと、今作から登場の新キャラたちもそれぞれ魅力的でしたね。特にアリシア・ヴィキャンデル演じるリーはとてもグッド!
コードネームU.N.C.L.Eでもずいぶん可愛らしいながらもあっといわせる役どころでしたが、今作では若くして超有能かつはっきりとではありませんが劇中徐々に味方になってくれる役どころ。まあ前三部作のパメラさんみたいなところでしょうか。

相変わらず美しいアリシア・ヴィキャンデルですが、今回はその凛とした感じとあどけなさが残る感じがいい意味ではまってましたね。若さゆえの無鉄砲なところや大胆さを兼ね備えながら要所では冷静沈着、でも可愛いんでつい黒い部分が垣間見えても許しちゃう感じ(適当)。次作以降もぜひ主要人物として登場してほしいところ。

あと、今回の「作戦員」を演じるフランスの名優ヴァンサン・カッセルも渋くてまさにアサシン!って感じで好みでした。ボーンシリーズの魅力の一つに彼を追いつめていく作戦員(時に狙撃したり奇襲をしたり)がいて特にアルティメイタムのデッシュは大好きなのですが、また一つ魅力的なアサシンだったなあと。

というわけで、「ジェイソン・ボーン」の魅力、超有能なCIA内の味方的な女性、相変わらず渋かっこいい作戦員という良いところは引き続き継承されているんですが、ここも継承してほしかった、いやもうこれはいいんじゃないすかー的な「残念」なところもちょくちょくありまして、今度はそれを列挙していきます。

まずジェイソン・ボーンについて。さっき褒めといてなんですが、前作までやってた「しれっと賄賂を現場のやつに渡して情報を得る」とか「何ヶ国語も駆使してしゃべる」とか「ちょっとツンデレ」なとこ(ニッキーに「きっと逃げられるさ」みたいなやさしさ)とかもうちょっとそういうのも観たかったぞ!と思う次第です。

あと、9年もブランクがあったからかでしょうか、微妙に敵をまくのが下手になってないかとか「お、それ使っちゃう」みたいなアイデアに欠けていたなあという印象。これは僕が前三部作を美化してるだけかもしれませんけども。

とにかくボーンは自分の持てるスペック(お札、言語、格闘などなど)をフル活用し、今ある最小限のものを最大限に生かせる男!なのですが、今作はその辺のニヤリとできるシチュエーションが少なかったのが個人的にちょっと不満でした。相変わらずの万引きスキルはすごいですが(笑)。

あと、前三部作でそれってもう吹っ切れたんじゃないんすか・・・とか肉弾戦が少ないとか色々残念なところはありました。

それとトミーリージョーンズ演じるCIAのお偉いさんも、もうそういうのはいいんじゃないですかーってキャラでしたね。演者自体はさすがジョーンズおじさんで素晴らしいのですが、ボーン三部作と比べてもマンネリ型のお偉いさんだし、この10年のスパイ映画に限らず使い古されてきたような設定・考えのおっさんで、そろそろこのシリーズ続けるにあたってそれは限界なんじゃないかなーという感じでした。

何より、彼の考えるある作戦が「それボーンシリーズでやっちゃう?」という題材なんですよ。これまでのボーンシリーズの黒幕たちの「作戦」て良くも悪くも我々視聴者への「ハッタリ」が非常に優れていたと思うんですよね。「CIAならそれくらいやるかも」「うわースパイってか殺人マシンこえー」的な。

そして、その「ハッタリ」を成り立たせるのが普通(少なくとも僕は)「CIA内部がどんな感じか知らない」からできる「リアリティ」だったわけです。例えば題材は全然違いますがジャンプ原作の「バクマン。」の編集会議シーンは、実際には誰もあそこの中で取材してないから本来ならあんな感じなのかはわからないわけです。でも「こんな感じかも!?」と思わせる「リアリティ」があり、製作者たちは見事に「ハッタリ」をかませていたと思います。

そもそも前三部作の殺人マシン養成プログラムなんて、ありそうもないことなんですが、「CIAならそれくらいやりかねないな」「CIAならそれくらいできるかもね」ってラインを絶妙に生かしていて、そしてそれがボーンの過去と密接に結び付き、そしてそれが敵役としてのCIA(一部)へのちきしょー感やボーンへの感情移入に大いに役に立っていたと思うのです。


つまり前三部作って「ボーンの自分探し」と「CIAのやばすぎる闇探し」という2つの謎ときが「一つの物語」として成立し、しかもそのリアリティ具合が「一般人は知らない」ラインだからこそ想像や妄想も掻き立てられてワクワク感が出たと思うんですよ。


まあ、これはネタバレじゃないよね?と思うので書くんですが、今回のその「作戦」がはっきりいって「超ありきたり」なうえに「無駄に壮大」でしかも「CIAじゃなくてもいい」、つまり我々一般人もある程度ニュースとかフィクションで見聞きしちゃっているテーマなんです。おまけに中途半端にボーンの「自分探し」要素まで無理くりねじ込んだのに、その「作戦」とあんましリンクしていない。だから「自分探し」=「CIAの闇暴き」だった前三部作と違い、本来ならそのテーマだけで映画2本になっちゃうような要素(「やばい作戦」≠「自分探し」)を無理くり一本にいれたんで、結局「一つの物語」にうまくなっていないんでアガラナイんですよねえ。


そもそもボーンの「自分探し」要素も「ええまだやるんすか」という感じも否めず、特に今回とってつけたような新しい忘れてた記憶は正直言って蛇足感が否めない。ジェイソン・ボーン自身が過去三部作で記憶は思い出したけどやっぱり・・・ってくだり、設定はありだと思うけど、「過去」を探す旅はもういらないんじゃないかなあ。その辺はクライマックスで解決してきたように見えたので、次からは「未来」を探す物語にしてほしいし、そうしないとジリ貧だと思います。


他にもなんでパメラ出てこないんだよ―――!ニッキー出すならパメラも出した方が面白くなりソーじゃん―――!とかmobyの主題歌は相変わらずかっこいいけど流すタイミングが前三部作よりださい!!とか(アルティメイタムのニッキーがニヤッとした瞬間にイントロが流れるのは本当にかっこよかったのに)。


色々言ってきましたが、とはいえ9年ぶりのボーン、新章立ち上がりとしてはまあこんなもんかな。相変わらずカーチェイスはじめアクションはいい部分も多いし、やっぱりジェイソン・ボーンのかっこよさは今後も観たいし、今回「新章始動」といいながらセルフリメイクだった感が否めない作風をそろそろ方針転換してほしいし、そうした仕上がりのジェイソン・ボーン次作をぜひ見てみたい!と思う次第です。

テンポもいいし、なんだかんだ手に汗握る展開でもあるし、もろにグロイシーンとかもないし、デートムービーにも野郎同士で観るのもよし、レイトショーで一人でじっくり味わうのにも向いていると思いますので、おすすすめはおすすめです。


3.次回作は今感じで!

勝手に僕が希望する次回作ですが、マット・デイモン続投!アリシア・ヴィキャンデルも続投!その上司か何かとしてパメラ復帰!「過去」ではなく「未来」を探す物語!こんな感じのボーン新作でよろしく!
プロフィール

森米

Author:森米
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。