スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久米田康治最新作「かくしごと」がとっても面白い件

こんばんは。時には映画以外のお話を。


久米田康治先生という漫画家はご存知ですか?僕がこの漫画家さんを知ったのは確か高校生のとき、マガジンを友人の家とかで読んでいた時です。そのとき連載されていたのが「さよなら絶望先生」という漫画でした。


絶望先生は時事ネタやダジャレを中心としたギャグマンガなのですが、なにより僕が久米田先生を敬愛してやまないのは「目のつけどころ」が本当にすごいというか、時事ネタやあるあるネタなんかをいい意味で斜め上の昇華をしていくんですよね。


例えば僕が絶望先生で好きなネタの一つとして「原作通り」というエピソード?というか回があるのですが、映画監督やアニメーターが不思議な街の「原作通り」という通りに逃げ込むというお話。もうこの設定だけでなんだかニヤニヤしちゃうわけですが。

他にも「対象外」なものや人の切なさなんかが集まる「対象街」という回も秀逸。一番古いものではもう10年前ですから「黄金の中盤」や「あなたとは違いますから」なんていうスポーツから政治ネタまで、今読むと「懐かしいなー」とまた当時とは違った感触で笑えるのです。


決して爆笑!という類のギャグマンガではなくて(中にはストレートに爆笑するネタも散見していますが)、どちらかというと良く練られたギャグとネタの組み合わせ、応酬にうなることができて笑いと知的感動?のダブルで得した気分というか幸福感を味わえるような、そんな素敵な作品が「さよなら絶望先生」なんです。


そして久米田先生って本当にあったまいいなあー!と思わず感動したのがラストなわけです。これは当時も衝撃的な結末として話題となりましたが、シュールギャグマンガから一転して…とこれ以上書くともしかしたら興味をもって読んでくださる方の感動を奪い取ってしまうのでここまで。


一応ハーレム物でもあり、絶望先生のクラスの女の子たちはみんな可愛いです。ただ、いわゆるハーレムアニメ、ラブコメアニメのような萌えキャラやラブラブなキャラでなく、どこかみんな尖った個性や特徴があり、その子たちと先生、その他登場人物の掛け合いがこれまた本当に面白い。誰一人として無駄なキャラはいないというか。そして先ほどからクライマックスが~といってますが、ハーレム物としては一線を画すような着地点。

あうあわないはもちろん、というより結構顕著に?わかれるかもですが、いま(2016年10月17日)はkindleで第1巻無料だし!とにかく読んでみて!と言いたいです!



って前置きが長くなりましたが、そんな久米田先生の最新作が本日!10月17日に第2巻が発売されました。その漫画は「かくしごと」です。


今作は主人公は下ネタギャグ漫画家で、娘にはそれをばれたくないという思いから本業をかたくなに隠し続ける。まさに「かくしごと」は「描く仕事」なわけです。


今作はまさに久米田先生の集大成ともいえる作品ではないかと僕は勝手に思っており、漫画家としての日常や出版社こみの漫画家や業界あるあるを随時ネタに盛り込んでくれたり、コラムで紹介してくれたりなんかしています。


娘に下ネタ漫画家であることをばれないようにわざわざ主人公はサラリーマン風スーツで通勤・帰宅したりするんですが、なぜかちょくちょくばれそうになったりならなかったりといった妙なスリル?があったり、売れる・売れないについてとか、親子の関係性とか、娘ちゃんがもうめっちゃかわいいとか色々あるんですが・・・


やっぱり目の付け所が独特!やっぱり久米田康治は天才だ!


と叫びたくなるようなうなる時事ネタやドタバタネタは今作でも健在。過去作によっては多めだった下ネタも控えめなのかな?という印象。

特に第1巻で好きなのは「借金はどこの筋肉?」と娘ちゃんにきかれて「うーん、○○かな」と答えるシーンなんかはもう本当にくすっと笑えるとともになんて豊かな発想というかボキャブラリーなんだろうと感動さえ覚えました。絶望先生の時もそうでしたが不謹慎なネタ交えつつもやっぱり、日常の何気ない単語やニュースから生まれる多彩なダジャレや語呂合わせなんかももう最高!


コミックス版は1巻・2巻ともに巻頭巻末はフルカラー。おまけに!絶望先生が好きだった人にはうれしいサプライズも随所にあって感動も増すことでしょう・・・


とにもかくにも、久米田康治先生、「かくしごと」ぜひおすすめな漫画です。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森米

Author:森米
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。